教育目標

≪ 目標 ≫

 一人ひとりの自立と社会参加をめざし、生きる力を育てる

(1) 具体的な目標

 ア  健康の維持増進を図るとともに、生活のリズムをつくる。

 イ  豊かなコミュニケーション能力と自尊感情を育てる。

 ウ  自己選択・自己決定に基づき、自立心を育てる。

 エ  ともに助け合い、共感する態度を育てる。

(2) めざす児童生徒像

 ア  思いやりのある子 (誠実)

 イ  たくましい子 (自主自立・克己心)

 ウ  豊かな心

(3) めざす学校像

 ア  児童生徒にとって「行きたい学校」

 イ  保護者にとって「通わせたい学校」

 ウ  地域にとって『センター的役割を果たす学校』

 エ  教職員にとって「誇れる学校」

 

≪ 本年度の努力事項及びその設定理由 ≫

(1) 小学部

  さまざまな環境への適応力を高め、自立心を育てる。

 ア  体験を通して集団生活に慣れ、みんなで協力してよりよい生活を営む。

 イ  一人一人が個々の特性を生かし、何事にも自信を持って取り組む。

 ウ  みずからの意思表示を大切にする。

(2) 中学部

  日常生活及び集団生活への適応力や自立心を高める。

 ア  個々の生徒の障害の状況に応じた取り組みを強め、心身の調和的発達を促すよう努める。

 イ  集団生活を通して、社会で豊かに生きていく力を育てるように努める。

 ウ  日常生活上の動作を、可能な限り自らの力で行えるよう適切な支援を行う。

(3) 高等部

  社会的自立能力の伸長を目指す。

 ア  障害に負けず、相互に助け合い、強く生きるたくましい精神力、豊かな人間性、社会性を養う。

 イ  障害の重度な生徒の日常生活動作の習熟、向上をめざす。

 ウ  生きがいのある日常生活につながる、進路指導の徹底を図る。