お知らせ

1年学年便り 10月号

不審者対応研修

 

IMG_2680.JPG   IMG_2684.JPG

8月28日(月)に尼崎北警察署から二名の警察官に来て頂き、不審者が学校に来た時を想定し職員研修を行いました。

●ハンドボール

 ここに熱中・夢中(運動の特性)

 ・シュートを入れるために、チームで工夫して相手の守りを崩すことができるかどうか                 

 ・シュートをして、ゴールを決めることができるかどうか

【ねらい1】 得点を入れられないように守ることができるかどうかを競い合おう

game02.jpg

 ・作戦タイムでは、「キーパーに入る!」「キーパーお願い」など守るための声がでていたか。

  0点にするための、チームの協力、動きについて話し合う。 点を取るための話になっていたら、指導者は

  修正をする、指導をいれる事が必要。

   → ねらいにこだわる

      【得点を入れられないように守ることができるかどうかに、得点の入れ方も、話し合いも焦点化する】

      ※だからこそ、得点板は、入れられたら1点が自分のチームに入る。

       得点が0点のチームが勝利となる。(4チームのうち、失点0のチームが勝ち)

 

【ねらい2】 相手の守りを崩して、シュートを入れることができるかどうかを競い合おう

meeting01.jpg

 「チームにボールが来た時の切りかえをはやくしよう」 「パスを速く回して、ゴール前のチャンスを増やそう」

 「キーパーと1対1になったら、シュートで終わろう!」  攻撃にポイントをおいた話し合いに焦点をおく

  kabe01.jpg  ディフェンスの壁があると、攻撃はしにくくなる。

※チーム内で壁ディフェンスを感じてみる → このディフェンスを破る攻撃が必要になる(切実性・必然性)

                           → チームでの攻撃の工夫が生まれる(手渡しパス、速いパス等)                                                                   

★コート、ゴールの工夫

 ゴールは、対面させず(向かい合わせず)、反転させて、位置させている。 

 いい加減な力任せのロングシュート、速攻がでにくい"しかけ"→ 守ることができた、できないかを充実させる

                                                                         

◎相手チームの守りが上手になればなるほど、攻めることの工夫の必然性がでてくる。切実感がでる。

 熱中・夢中 わくわく・どきどき できる体育へ  ▼簡単すぎることは面白くない。 

                               ▼無理だと分かる程、難しいことには興味は高まらない。

                                                                    

お知らせ

 11月2日(木) 立花北小学校にて 「平成29年度 全国体育学習研究協議会阪神大会」が行われます。

 阪神地区テーマは「ドキドキ・ワクワクする体育の新しい学習指導をめざして」

 授業公開(5校時) 「スローイングベースボール」(2年)  「鉄棒運動」(3年)   「キャッチバレー」(6年) と

 研究協議があります。

 尼崎市の先生方は、無料で参加できます。(校長先生の出張の承認が必要です)  

平成29年度小学校体育研究会から発行された「熱中!夢中!あまっこ体育」

この啓発の意味も込めて、立花北小学校で研修会が行われました。

暑い中、60名を超える先生方が、集まってくれました。(小・中学校の先生方)

キャッチバレーの実技研修

pass.jpg     game01.jpg

「ボールを落とさない」 お互いへのパス    ボールをはじくのではなく、ボールをキャッチして、両手で

落ちるか、落ちないか ぎりぎりを        投げる。「落とさせない」ことがチームで、できるかどうか?

ねらった場所へ。そこが面白い!        そのために、ついつい必死になって夢中になって動く!

                           

 

                             【落とさせない】面白さ・・・だから、落とさなければ1点GET

                             ※今やっている活動の”ねらい”と子どもへの声かけ、指導、

                               得点がちゃんとリンクすることが、特性の強調につながる。

 

 

お知らせ

 11月2日(木) 立花北小学校にて 平成29年度 全国体育学習研究協議会阪神大会が行われます。

 阪神地区テーマは「ドキドキ・ワクワクする体育の新しい学習指導をめざして」

 「スローイングベースボール」(2年)  「鉄棒運動」(3年)   「キャッチバレー」(6年) 授業公開と研究協議

 尼崎市の先生方は、無料で参加できます。(校長先生の出張の承認が必要です)