教育目標

基本方針
 
 社会の変化に対応し、生涯を意欲的に生き抜く心豊かな児童を育成するために、ひとりひとりの児童が目標をもち、日々の生活を充実させ、生き生きと活動できる学校生活を目指す。
 人間尊重の精神を根底に、ひとりひとりを大切に、互いに認め合い、助け合いながら、主体的により良い学校生活を築こうとする児童の育成を目指す。

(1)学校教育目標
  命を大切にし自ら学び、豊かな心をはぐくみ、たくましく生きる子どもの育成をめざす
     だてよう たくましい からだ (体)
     ばそう かんがえる ちから (知)
     いじにしよう みんなの こころ(徳)

(2)本年度努力目標
  本年度の基本的な経営方針に基づき、本校の教育活動を推進するため、次の努力事項を設定する。

 ①豊かな心の醸成につとめる。
   ・美しく潤いのある文化活動と学習環境づくり。
   ・勤労体験を重視し、ともに働く場の設定。

 ②ひとりひとりを大切にする学校づくりに努める。
   ・人権(同和)教育の徹底と深化。
   ・特別支援教育の充実。
   ・国際理解教育の推進と充実

 ③自己教育力の育成に努める。
   ・基礎基本の徹底と自ら学ぶ意欲の育成。
   ・授業研究の推進と自己研修の充実。

 ④生徒指導の徹底、推進に努める。
   ・基本的生活習慣の育成。
   ・ひとりひとりの児童の発達段階に基づく指導の徹底と指導体制の確立。
   ・家庭、地域社会や関係機関との連携を深める。

 ⑤安全教育(防災教育)の推進に努める。
   ・学年に応じた安全(防災)教育の実施。
   ・避難訓練の実施(特に地震対策重視)

 ⑥健康教育の推進に努める。
   ・基礎体力の向上と生涯にわたって親しむ運動の推進。
   ・保健、食育と給食指導の徹底と充実。

 ⑦課題教育の推進に努める。
   ・計算科、外国語活動、環境教育、国際理解教育、福祉教育、性教育等への取り組み。