非常変災等の対応

  

 

 

非常変災による臨時休業措置について

 

 非常変災(台風・地震・津波など)時には、次のような措置をとりますので、ご協力をお願いします。

 

1 登校前

 (1) 台風等で、午前7時現在、尼崎市・西宮市(尼崎市・西宮市を含む「阪神」「兵庫県南部」「兵庫県」の広域情報も対象)に『暴風警報(暴風雪を含む)』または『大雨警報』、『洪水警報』が発令されている場合は、臨時休業日とします。

 (2) 局地的な豪雨・大雪及びその他の災害(ガス爆発、火災、落雷など)が発生した場合は、緊急に、一斉メール配信かPTAの連絡網等で、臨時休業または登校時間の変更等の連絡をします。

 (3) 大規模地震・津波により尼崎市・西宮市・宝塚市で被害が発生し、午前7時現在で、登校することが危険・困難であると判断した場合は、臨時休業日とします。一斉メール配信かPTAの連絡網等で、臨時休業の連絡を行います。ただし、状況により連絡が遅れる場合がありますので、連絡があるまで自宅で待機しておいてください。

 

  ※ 児童・生徒の安全が第一ですので、その他の警報が発令された場合や警報等が解除された後でも、通学が危険と思われる場合は、保護者の判断にお任せします。その場合、学校への連絡をお願いします。

2 在校中

 (1) 警報が発令された時(通常の下校時間では危険が伴うと判断される場合を  

   含む)は、学校が状況を判断し、緊急に下校の措置をとる場合がありま

  す。ただし、下校時の危険が大きいと判断した場合は、学校で待機さ

  せ、保護者への引渡しを行うこともあります。

 (2) 地震・津波等の災害が発生した時は、まず児童・生徒を安全な場所に避難させます。避難後は原則として保護者が迎えに来られるまで本校で待機させます。

 (3) その他の非常変災の場合も、児童・生徒の安全を第一に学校で判断し、保護者の皆様にご協力をお願いさせていただきます。 

 

3 その他

 (1) 深夜等に災害が発生した場合は、午前7までにスクールバス運行経路や校舎内外の情報収集及び点検を行い、臨時休業にするかどうかの判断を行います。

 

自宅付近で安全に関する情報がありましたら、学校に連絡をお願いします。

 

 

登校前は、テレビ・ラジオ等の気象情報をもとに、各家庭で判断してください。但し報道機関によっては、尼崎市が含まれていなくても「阪神」とまとめて発表される場合がありすので、確認をしていただきますようお願いします。