立西代表 6年生の2人、発表 自分の言葉でがんばりました!

301101.jpg

先週、6年生の2人が

立西っ子を代表して2つの会の表彰と発表会にのぞみました。

まずはじめは、10月25日(木)に行われた

尼崎市児童理科研究発表会、代表作品に選ばれ入選を受賞した

6年生の中村さんが発表しました。

「サンセット」という作品で、太陽の沈むところを1年間かけて

地道に調査してまとめてくれていました。

パワーポイントをつくって、わかりやすく説明してくれ

長期にわたって自分の力で調べることは大事で、

すごいことやなーと感心しました。

 

次に、10月27日(土)に行われた

尼崎市社会を明るくする運動 作文コンテストで

代表作品に選ばれ、金賞を受賞した

6年生の乗本さんが発表しました。

「あいさつで明るい芽を出そう」という作品で

自分の委員会活動での挨拶運動

また、大阪北部地震の経験から、普段から

挨拶をしてコミュニケーションをとる大切さを

伝えてくれていました。

 

2人とも、自分で調べたり、自分で経験したことに基づいて

自分の言葉で発表していたこと、大変うれしく思いました。

これからも、自分の目で見て感じる、考えることを大切にしてください。

 

なお、理科は、残念ながら県大会がないのですが、

乗本さんの作品は、尼崎市代表として県大会に選ばれ

入選するはこびとなりました。おめでとう!

 

月別 アーカイブ